おしゃれとしての腕時計

日本のほとんどの学校では制服や髪型などに規則があり休日に比べるとおしゃれを思うようにできない人が多いと思います。そこで、多くの学生がいつも身につけている腕時計で周りとの差をつけるといいでしょう。腕時計であれば目に見える位置にあるので周りの人に見られやすく、おしゃれであれば話題に出やすくなります。もちろん所持する数は一つとは限りません。その日によって学校につけて行く時計を変えるのも楽しみの一つになります。今はたくさんの種類があって、学生向けに機能的でデザイン性に優れたものも多くあります。きっとお気に入りのものが見つかるでしょう。

生徒達のおしゃれ志向と向き合う

思春期となれば、特に女子生徒はおしゃれ志向が高まってきます。したがって学校へもおしゃれな格好をして行きたい、という思いが募るのは、ある意味健全なことではあります。しかし、学校生活は集団生活を営む場でもあるので、他の友達へ影響を及ぼすこととか、自分自身も周りの人も学習に集中できるのかということが懸念されたりもします。そのため、校則を決めてこのような影響を少しでも減らし、生徒たちが学習のほうに集中できるように配慮します。一方で生徒たちのこのような生徒達の欲求を満たすため、現代風な制服などを取り入れて対応しているところもあります。

↑PAGE TOP